イメージセンサブログ

イメージセンサについての話題

TOP > スポンサー広告 > ソニー、CMOSイメージセンサの生産能力倍増を計画TOP > 業界ニュース > ソニー、CMOSイメージセンサの生産能力倍増を計画

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニー、CMOSイメージセンサの生産能力倍増を計画   2011.01.12

ソニーは12月27日、ソニーセミコンダクタ九州の長崎テクノロジーセンター(長崎テック)におけるCMOSイメージセンサの生産能力の増強を目的とした設備投資を2011年度に実施することを決定したことを明らかにした。
同決定においては、2010年12月24日に発表した東芝との基本合意書に基づき実施することが予定されている半導体製造設備の取得を前提として、当該半導体製造設備の一部をCMOSイメージセンサが製造できるウェハラインへ整備するための投資に加え、長崎テック3号棟における、ソニーのCMOSイメージセンサの差異化にソニー独自の技術により貢献する、ウェハ加工の一部設備などの設置・整備のための投資が含まれている。
今回の投資は約1000億円を予定しており、これにより同社のCMOSイメージセンサ「Exmor」「Exmor R」がスマートフォンやデジタルスチルカメラ市場などで拡大する需要に応えられるように供給体制が強化されることとなる。具体的には、2010年9月に発表したソニーセミコンダクタ九州 熊本テクノロジーセンターへの約400億円の投資と併せて、CCDとCMOSイメージセンサの総生産能力は、現在の約2万5000枚/月(300mmウェハ換算)から2012年3月末までに約5万枚/月(同)へ増強される予定となると同社では説明している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101227-00000056-mycomj-sci

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。